昨今の音楽事情

個人的なつぶやきに等しいものだけれど、昨今の音楽事情はコロナウィルスで大きく変わった。

それと同時に、変わった先でどう対処するか、どこにビジネスの要素を取り入れるか。

これを確立したものが、スパチャ…いわゆる投げ銭というのだろうか、このシステムであろうと感じる。


自分の財布から指定の金額を投げる事で、チケットを買った大多数のお客さん。とは違う、無料で提供されるコンテンツに対して、有料の何かを払う事で得られる表示、特別感、憧れたアーティストが自分の名前を認識し、場合によっては会話をしてくれる。


何と素晴らしいWin-Winだろうか…。


とまぁ書いては見たものの、僕自身がその恩恵を受けているわけではないのです。


音楽シーンがどうこうという話題に僕が口をはさむのも烏滸がましいので、基本的にはクライアントから頂いたご依頼ひとつひとつに向き合って、導き出せる最高のクオリティにすべく奔走する。


それだけ出来てれば、僕は僕なりに満足です。


今年ももうすぐ四半期が終わります。

歌い手やボカロPと呼ばれる肩書を持つ方。その肩書に憧れる方。

このコロナウィルスという逆境の塊に、よくぞその憧れを抱いていただいた。


決意の重さはここ数年で遥かに重くなっただろう。

それでも名乗りを上げるんだから、僕もそこに向き合う気持ちは、同じように重く大きく、大切に抱かないといけないのだろうな。と感じた昨今でした。


なんかタイトルと本文の内容違う…笑


そんな世界で、今日も生きていこうね。


いしど/Rem.K

最新記事

すべて表示

渡辺シアン「S:Function」配信開始

2020/12/31現在、未だコロナウィルスの影響により各地の公演などが自粛を要される事態が続いております。 ライブに足を運べない方や外出が困難な方も多いという状況を鑑みて、渡辺シアン様と協議させていただいた結果、現在発売中のシングル「Abyss(会場および通販限定:1,500円)」から「S:Function」を、LLP Musicの元で全世界同時配信する事と致しました。 ご提案をお受けいただいた

 
  • Twitter

©2019-2020 by Lot Lop Pop Music.